NAKASA 株式会社仲佐

使うたのしさ

「使うたのしさ」では、NAKASA製品のご使用方法や便利な使い方、NAKASAのキッチン家電でつくるレシピなどを随時ご紹介しています。

甘酒メーカーのレシピ

2017.11.6
米麹をつかったレシピへ

ヨーグルトをつかったレシピへ

大豆をつかったレシピへ

ビネガーをつかったレシピへ

 


 

■米麹をつかう■

甘酒

≪材料≫

●ご飯・・・・・・・・・・・・200g

●水(50℃程度のお湯)・・・300ml

●乾燥米麹・・・・・・・・・・100g

 

≪設定温度≫

●55℃

 

≪設定時間≫

●6~8時間

 

■作り方■

(1)

容器にご飯と水(お湯)を入れてよくかき混ぜ、

60℃以下まで冷ます

(2)

容器にほぐした乾燥米麹を入れてよく混ぜ合わせる

(3)

容器を本体にセットして、温度と時間を設定して

「入/切」ボタンを押す

※運転を開始して1時間後、2時間後に全体を混ぜると均一に熟成します

(4)

出来上がったら冷蔵庫で冷やす

※熟成時間が長くなると、酸味が出ることがあります
※冷蔵庫に入れても熟成は止まりません
※1日1回、全体をかき混ぜてください

塩麹

≪材料≫

●乾燥米麹・・・100g

●食塩・・・・・・30g

●水・・・・・・120ml
 

≪設定温度≫

●55℃
 

≪設定時間≫

●8時間
 

■作り方■

(1)

容器にほぐした乾燥米麹と食塩を入れて

よく混ぜ合わせる

(2)

容器に水を加えてよくかき混ぜる

(3)

容器を本体にセットし、温度と時間を設定して

「入/切」ボタンを押す

※運転を開始して1時間後、2時間後に全体を混ぜると均一に熟成します

(4)

出来あがったら冷蔵庫で冷やす

※熟成時間が長くなると、酸味が出ることがあります
※冷蔵庫に入れても熟成は止まりません
※1日1回、全体をかき混ぜてください
 

醤油麹

≪材料≫

●乾燥米麹・・・100g

●食塩・・・・・・10g

●醤油・・・・・150ml

 

≪設定温度≫

●55℃

 

≪設定時間≫

●8時間

 

■作り方■

(1)

容器にほぐした乾燥米麹と食塩を入れて

よく混ぜ合わせる

(2)

容器に醤油を加えてよくかき混ぜる

(3)

容器を本体にセットし、温度と時間を設定して

「入/切」ボタンを押す

※運転を開始して1時間後、2時間後に全体を混ぜると均一に熟成します

(4)

出来あがったら冷蔵庫で冷やす

※熟成時間が長くなると、酸味が出ることがあります
※冷蔵庫に入れても熟成は止まりません
※1日1回、全体をかき混ぜてください
 

 

■ヨーグルトをつかう■

プレーンヨーグルト

≪材料≫

●市販のプレーンヨーグルト(種菌)・・・50ml

●牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・500ml

 

≪設定温度≫

●40℃

 

≪設定時間≫

●5時間

 

■作り方■

(1)

容器に市販のヨーグルト(種菌)を入れ、泡立てないように

牛乳を少しずつ入れながらよくかき混ぜる

※ヨーグルト(種菌)が牛乳とよく混ざっていないと、出来あがったヨーグルトにダマができることがあります。

(2)

容器を本体にセットし、温度と時間を設定して

「入/切」ボタンを押す

(3)

出来あがったら冷蔵庫で冷やす

※冷蔵庫に入れても発酵は止まりません
※市販のヨーグルトには、種菌として使えないものもあります
※牛乳は種類別が「牛乳」と記載されているものをお使いください
※粉末種菌をお使いの場合は、その種菌の説明書に従ってお作りください
 

カスピ海ヨーグルト

≪材料≫

●市販のカスピ海ヨーグルト(種菌)・・・50ml

●牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・500ml
 

≪設定温度≫

●27℃
 

≪設定時間≫

●5時間
 

■作り方■

(1)

容器に市販のヨーグルト(種菌)を入れ、泡立てないように

牛乳を少しずつ入れながらよくかき混ぜる

※ヨーグルト(種菌)が牛乳とよく混ざっていないと、出来あがったヨーグルトにダマができることがあります。

(2)

容器を本体にセットし、温度と時間を設定して

「入/切」ボタンを押す

(3)

出来あがったら冷蔵庫で冷やす

※冷蔵庫に入れても発酵は止まりません
※市販のヨーグルトには、種菌として使えないものもあります
※牛乳は種類別が「牛乳」と記載されているものをお使いください
※粉末種菌をお使いの場合は、その種菌の説明書に従ってお作りください
 

豆乳ヨーグルト

≪材料≫

●市販のプレーンヨーグルト(種菌)・・・60ml

●豆乳・・・・・・・・・・・・・・・・500ml

 

≪設定温度≫

●40℃

 

≪設定時間≫

●5時間

 

■作り方■

(1)

容器に市販のヨーグルト(種菌)を入れ、泡立てないように

豆乳を少しずつ入れながらよくかき混ぜる

※ヨーグルト(種菌)が豆乳とよく混ざっていないと、出来あがったヨーグルトにダマができることがあります。

(2)

容器を本体にセットし、温度と時間を設定して

「入/切」ボタンを押す

(3)

出来あがったら冷蔵庫で冷やす

※冷蔵庫に入れても発酵は止まりません
※市販のヨーグルトには、種菌として使えないものもあります
※豆乳は成分無調整のものをお使いください
※粉末種菌をお使いの場合は、その種菌の説明書に従ってお作りください
 

クリームチーズ

≪材料≫

●市販のプレーンヨーグルト(種菌)・・・50ml

●牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・500ml
 

≪設定温度≫

●60℃
 

≪設定時間≫

●8時間
 

■作り方■

(1)

容器に市販のヨーグルト(種菌)を入れ、泡立てないように

牛乳を少しずつ入れながらよくかき混ぜる

※ヨーグルト(種菌)が牛乳とよく混ざっていないと、出来あがったクリームチーズにダマができることがあります。

(2)

容器を本体にセットし、温度と時間を設定して

「入/切」ボタンを押す

(3)

出来あがったら、水切り用メッシュ付容器に入れてホエー(水分)を切り、粗熱を取って半日ほど冷蔵庫でそのまま水切り保管する

※冷蔵庫に入れても発酵は止まりません
※市販のヨーグルトには、種菌として使えないものもあります
※牛乳は種類別が「牛乳」と記載されているものをお使いください
※粉末種菌をお使いの場合は、その種菌の説明書に従ってお作りください
 

サワークリーム

≪材料≫

●市販のプレーンヨーグルト(種菌)・・・50ml

●生クリーム・・・・・・・・・・・・・500ml
 

≪設定温度≫

●40℃
 

≪設定時間≫

●8時間
 

■作り方■

(1)

容器に市販のヨーグルト(種菌)を入れ、泡立てないように

牛乳を少しずつ入れながらよくかき混ぜる

※ヨーグルト(種菌)が牛乳とよく混ざっていないと、出来あがったサワークリームにダマができることがあります。

(2)

容器を本体にセットし、温度と時間を設定して

「入/切」ボタンを押す

(3)

出来あがったら粗熱を取り、冷蔵庫で保管する

※冷蔵庫に入れても発酵は止まりません
※市販のヨーグルトには、種菌として使えないものもあります
※粉末種菌をお使いの場合は、その種菌の説明書に従ってお作りください
 

 

■大豆をつかう■

納豆

≪材料≫

●乾燥大豆・・・・・・・・・・200g

●市販のパック納豆(種)・・1/2~1/4パック
 

≪設定温度≫

●40℃
 

≪設定時間≫

●24時間
 

■作り方■

(1)

乾燥大豆をよく洗って水に一昼夜ひたす

(2)

ひたした水を捨て、大豆が隠れるほどの水を入れて茹でる

※大豆を指でつまんで、簡単につぶれる程度の柔らかさになるまで茹でる

(3)

茹でたお湯をしっかり切って、大豆が熱いうちに容器へ入れ、

納豆(種)を加えてよくかき混ぜる

※大豆をつぶさないように注意してください
※熱いうちに納豆(種)を混ぜることで、他の雑菌を死滅させます

(4)

容器ふたは付けずに容器を本体にセットしてキッチンペーパーを掛け、

その上に本体ふたをずらして乗せて、温度と時間を設定してから

「入/切」ボタンを押す

※運転中に何度か全体を混ぜると均一に発酵します

(5)

出来あがったら冷蔵庫で1~2日冷やして、大豆の中まで発酵させる

 
 西京味噌(白味噌)
≪材料≫

●乾燥米麹・・・・・・・200g

●乾燥大豆・・・・・・・100g

●塩・・・・・・・・・・・30g

●(大豆の茹で汁)・・・200ml

 

≪設定温度≫

●55℃
 

≪設定時間≫

●8時間
 

■作り方■

(1)

乾燥大豆をよく洗って水に一昼夜ひたす

(2)

ひたした水を捨て、大豆が隠れるほどの水を入れて茹でる

※大豆を指でつまんで、簡単につぶれる程度の柔らかさになるまで茹でる

(3)茹で汁を200mlほど別の容器に残し、大豆は茹で汁を

しっかり切って熱いうちにすりつぶす

(4)

容器にすりつぶした大豆と残した茹で汁を入れてよくかき混ぜて、

60℃以下に冷ます

(5)

容器にほぐした乾燥米麹と塩を入れてよくかき混ぜる

(6)

容器を本体にセットし、温度と時間を設定して

「入/切」ボタンを押す

(7)

出来あがったら全体をよくかき混ぜ、冷蔵庫で保管する

※お好みで、保管する前にすりつぶしてください。ペースト状の味噌になります

★★★乾燥大豆の代わりに水煮大豆を使うとき★★★

●作り方4から初めてください

●大豆の茹で汁の代わりに水煮の汁をお使いください

●水煮の汁が足りない場合は、水を追加してください

 

 

■ビネガーをつかう■

レモンビネガー

≪材料≫

●氷砂糖(小粒)・・・200g

●レモン・・・・・・・200g

●穀物酢・・・・・・・200ml
 

≪設定温度≫

●50℃
 

≪設定時間≫

●24時間
 

■作り方■

(1)

レモンの皮を厚めにむき、5mm幅の輪切りにする

(2)

容器に氷砂糖、レモン、穀物酢の順で入れる

(3)

容器を本体にセットし、温度と時間を設定して

「入/切」ボタンを押す

※途中で何度か軽くかき混ぜる

(4)

出来あがったら別の容器に移して、冷蔵庫で保管する

●使用した製品